티스토리 뷰

presented by Japonicus & Caribbean Dandy
supported by Radical Music Network・Clandestino・Pachamama・Rebel Fiesta Party
in collaboration with Eastern Standard Sounds・Three

FIGHT FOR RIGHTS Vol.78
「Rebel Fiesta Party」


MANU CHAO、FERMIN MUGURUZA、NATHEN MAXWELL (FLOGGING MOLLY)、BRAHMAN、OBRINT PAS、KING PRAWN (ASIAN DUB FOUNDATION)、DJ SCRATCHY (THE CLASH)、ESNE BELTZA、CHE SUDAKA、VERY BE CAREFUL等の全世界で活躍するアーティストの出演で話題の『FIGHT FOR RIGHTS』。前回名古屋で行われた『FIGHT FOR RIGHTS』にMANU CHAOが出演し、入場規制がおきる程の盛り上がりを見せた事も記憶に新しいのでは?90年代から日本にCUMBIA、MESTIZO、ROCK LATINOミュージックを紹介し続けているJAPONICUSが始めた、本邦初のREBEL MUSICイベントである。そんな『FIGHT FOR RIGHTS』に韓国のルーツミュージックシーンを作り上げたレベルEASTERN STANDARD SOUNDS & friendsが登場!さらに日本の音楽シーンを代表するアーティスト、BONE & BEATS、UNDEFINED、JAGABE、DUBJUANA MIDNIGHT SYSTEM、LUI aka 杉村ルイ & friends、CARIBBEAN DANDY等も参戦。日本で本物のREBEL MUSICが聴けちゃいます!

2018.1.18(thu) 下北沢 @ THREE
Open: 18:30 / Start: 19:00 / Tickets: ¥2,800 /¥3,300 (+1D)
前売りチケット取り置きはこちらまで→ info@japonicus.com
Three/Japonicus/discos Papkin/
Info: Three 03-5486-8804 / http://www.toos.co.jp/3/

featuring...

EASTERN STANDARD SOUNDS & friends (from 韓国)
BONE & BEATS
UNDEFINED
JAGABE
DUBJUANA MIDNIGHT SYSTEM meets E.D.O. ECHO SOUND SYSTEM
LUI BLUESFACE & 清水 一平 (Ippei Shimizu) + 福井 宏樹 (Hiroki Hiroking Fukui)
CARIBBEAN DANDY

Guest DJs:
SUGAR SUKYUEL (Kingston Rudieska)
SMILEY SONG (NST & The Soul Sauce)
CHEONG DAHL (Eastern Standard Sounds)
SKA CHAMPION (Kingston Rudieska)

DJs:
藤井悟 (Clandestino)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
KAZ SUDO (Zoot Sunrise Sounds)
AMEMIYA KSK (discos Papkin)
TXAKO (Japonicus)
TAGOOD (Rebel Fiesta Party)
YONESUKE SYSTEM (Pachamama)

Visuals: MATCHA (Rebel Fiesta Party)

FIGHT FOR RIGHTS ホームページ
http://www.facebook.com/fisghtforrights.japan

JAPONICUS ホームページ
http://www.japonicus.com/
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo




EASTERN STANDARD SOUNDS http://www.easternstandardsounds.com/
EASTERN STANDARD SOUNDSは、韓国を拠点に世界で活動を続けるミュージックレーベル。コリアンルーツミュージック、60'sレゲエ、ロックステディー、スカ、カリビアンミュージックを中心に扱っている。今回来日するNST & THE SOUL SAUCE、KINGSTON RUDIESKA、DJ SUGAR SUKYUEL、DJ SMILEY SONG、CHEONG DAHLもEASTERN STANDARD SOUNDS所属。そんな彼らの活動が日本で広く知られるようになったのは、2016年にリリースされたRICO RODRIGUEZのトリビュート作品「HEAVEN IS HERE / SONG FOR RICO」の影響が大きい。他にFUJI ROCK FESTIVAL 2016にNST & THE SOUL SAUCEとDJ SMILEY SONG とCHEONG DAHLが出演。2014年・2015年にはJAH SHAKA JAPAN TOURにSMILEY SONGがゲスト出演。PATO BANTON(英)の韓国ツアー、SIERRA NEVADA WORLD MUSIC FESTIVAL 2017 (米)、HONG KONG INTERNATIONAL REGGAE-SKA FESTIVAL 2017 (香港)、CIRCULART FESTIVAL 2017 (コロンビア)、K-MUSIC FESTIVAL (英)、FUJI ROCK FESTIVAL 2016 & 2017 (日)、に出演する等、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで活動の幅を広げている彼ら。今回、EASTERN STANDARD SOUNDSの看板アーティストが揃って来日するという事で、韓国のルーツミュージックシーンの深い部分を知る大きなチャンスになるだろう。




CARIBBEAN DANDY

https://www.facebook.com/caribbeandandy
藤井悟 D.J.1985年頃からD.J.をはじめる。ロンドンナイト(椿ハウス)で遊びでD.J.を経験した後、西麻布P.PICASSO、青山MIX、西麻布328等、数多くのクラブやイベントでプレイ、2000年D.J.の松岡 徹(CLUB SKA)、須藤 一裕(ZOOT SUNRISE SOUNDS)達とCARIBBEAN DANDYを結成、現在に至る。現在、P.PICASSOを始め、80年代から数々の伝説を作ってきた東京クラブDJレジェンド、REBEL MUSIC SPECIALIST = SATOL.F aka 藤井悟を中心に個々のSELECTORが集まって結成されたCREW。レゲエを中心としたカリブ海近郊のREBEL MUSIC (ROCK LATINO-CUMBIA-MESTIZO-PATCHANKA-REGGAE-SKA-DUB-STEPPER-JUNGLE-PUNK...)にまつわる世界観を現代東京的に解釈し、SELECTION、ただずまい、リリース物すべてから漂わせる、ワンアンドオンリーなオリジナルトーキョーロッカーズスタイリー。2005年からイタリア・スペイン・バスク・フランス・アメリカ等を定期的にツアーをしており、イタリアではBANDA BASSOTTI主催のSTREET BEAT FESTIVALに出演しTHE SLACKERS、RUDE Hi-Fi、BOMBSHELL ROCKSと共にツアーを決行。ローマ公演にて一万人のオーディエンスの前でプレイを果たしました。2008年のアメリカツアーではVERY BE CAREFULと共にツアーを決行。L.A.で最も有名なクラブLA CITAやSAINT ROCKE等でプレイ。2009年には、RADICAL MUSIC NETWORKのメンバーとしてフジ・ロック・フェスティバル公演を 果たし新鮮な驚きと興奮で、クリスタル・パレスは一時入場制限が出たほどの盛り上がりを見せた。2010年のFUJI ROCK FESTIVALではCARIBBEAN DANDYを代表して藤井悟とTXAKOがブリテッシュ・ブルースの父と言われているJOHN MAYALLの息子で、GAZ MAYALL (THE TROJANS)の弟のJASON MAYALL aka CUMBIA KIDと「CUMBIAS、CUMBIAS、CUMBIAS」というチームを組んで出演している他、MANU CHAOの日本公演サポートDJに抜擢されている。2011年にはCARIBBEAN DANDYとEKDと共にRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURスペイン・フランス・バスクツアーを決行。スペインではACTUAL FESTIVALにて一万五千人のオーディエンスの前でプレイした事も記憶に新しい。去年のフジロックフェスティバルではFIGHT FOR RIGHTSを代表してMANU CHAO、DON LETS、OBRINT PAS、AMADOU & MARIAM等と共に出演を果たし。2012年にはCARIBBEAN DANDYとTEX & SUN FLOWER SEEDと共に5度目となる海外ツアーRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOURを決行。最終日にはCARIBBEAN DANDY SELECTAは世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH 2012のSKA CLUB STAGEのヘッドライナを務めました。さらに去年の12月には2度目となるアメリカツアーRADICAL MUSIC NETWORK US TOUR 2012を決行。また国内ではROCK ON THE ROCKとFUJI ROCK FESTIVAL 2008年・2009年・2010年・2011・2012年に5年連続出演している他、RICO RODRIGUEZ、FERMIN MUGURUZA、MANU CHAO等の日本公演サポートDJに抜擢されている。現在、STEPPA、CLANDESTINO、PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY等のレギュライベントで毎月出演しています。また、FIGHT FOR RIGHTS、RADICAL MUSIC NETWORKをはじめ、JAPONICUS主催のイベントに出演、数多くの海外アーテイストの国内外のツアーに参加。

BONE & BEATS
Trombone: 齋藤徹史、Track Make & Dub Mix : Aquarius。2017年10月結成。Back to Chillを始めアブストラクトでDEEPなDUBのイベントに出演し、オリジナリティ溢れるトラックを生でDub Mixするスタイルが話題を呼んでいる新進気鋭のトラックメイカー “Aquarius”、Roots Dub Band “CULTIVATOR”を経て、自身が立上げた”REGGAELATION INDEPENDENCE”のトロンボニスト齋藤が最小で最大のDUB MUSICに挑むタイマンスタイルのDUB DUO。

UNDEFINED

http://undefined-dub.com/
キーボード&プログラミングのsahara (ex. The Heavymanners)と、ドラムスのohkuma(Soul Dimension)により結成されたエクスペリメンタル・ダブ・ユニット。2014年8月落合soupにてライブ始動後、2017年3月に初音源となる7インチ「After Effect / Quiet Flame」をnewdubhallよりリリースし、アメリカ・ポートランドのZamZam Soundsをはじめ、フランス、ドイツ、スイスなど各国のメディアに取り上げられるなど好評を得る。 2018年初旬、新作10インチを発表予定。


JAGABE
レゲエとアフリカ音楽を基調とした架空のワールドミュージックを演奏するReggaelation IndependAnce、レゲエバンドSoul Dimensionの一員として、その他セッション、レコーディングでミキシング、ダブミックスを担当。Reggaelation IndependAnceは2017年6月に多数のゲストを迎えた2ndフルアルバム「Reggaelation Rock」をリリース、絶賛発売中。また2017年12月末、通算4枚目となる7インチEP「Black Dragon River」がリリースされる予定。DJとしては60年代からのレゲエを基本としながら新旧、東西、洋邦問わず選曲する。Guidance!!!



DUBJUANA MIDNIGHT SYSTEM meets E.D.O. ECHO SOUND SYSTEM

http://www.dubjuana.com/
ルーツ・レゲエ・サウンドからディープなダブ & ロック・サウンド。日本スカコア・シーンのパイオニアRUDE BONESと、レゲエ・シーンで要注目バンドであるV&40のトランペット奏者であり、HOME GROWNのツアーでRYO the SKYWALKERのバックも務めているSHIO-40 (Key/Tru)率いる5人編成インストバンド。同じくV&40のRYO (Drum)、PHugoのTAKUJI (Bass)、KOIDE (Gui)、KII (Per)。2013年からレゲエミュージックの新しい形を模索し、音楽をとうしての世界平和を真剣に考えるため東京杉並下井草近辺で結成...ROOTS、DUB、ROCKを基調としながらも様々な挑戦がちりばめられたORIGINAL TOKYO ROCKERS SOUNDは一撃必殺!



SMILEY SONG

(NST & The Soul Sauce) www.nst-thesoulsauce.com/
スマイリーソングは韓国のレゲエバンドNST & THE SOUL SAUCEのパーカッショニスト。幼い頃にブラックミュージックに影響を受け、ドラム・パーカッションを始めたというSMILEY SONG。NST & THE SOUL SAUCEでは2016年にフジロックに出演した他、SIERRA NEVADA WORLD MUSIC FESTIVAL出演を含むUSツアー、コロンビアツアー等を敢行し、成功を収めている。またDJ、劇団の音楽監督、サウンドディレクター、ミュージックレーベルEASTERN STANDARD SOUNDSのプロデューサー兼オーガナイザーとしても活動をしており、2014年・2015年にはJAH SHAKA JAPAN TOURにゲスト出演。2016年にはフジロックにDJとして出演している。日本のアーティストやDJとも親交が深く、日本語も堪能なSMILEY SONG。今回の来日公演では、韓国の民族音楽をベースにしたダブやレゲエ等の選曲に期待が高まる!


SUGAR SUKYUEL

(Kingston Rudieska) www.facebook.com/sukyuel
シュガーソギュルは韓国のスカバンド、KINGSTONE RUDIESKAのヴォーカリスト。KINGSTONE RUDIESKAは韓国にスカ・レゲエ・ジャマイカンミュージックを広めた立役者で、韓国のみならず英国、日本、中国等で活動を続けている。また、SUGARはVINYL DJとしても有名で、東京のジャマイカン・ミュージックパーティーでDJをした経験を持つ。現在KOM AGENSと7×5=45 FAMILYという、様々なジャンルのセレクターが7インチのみでDJをするというプロジェクトをスタートさせたSUGAR。SKA、ROCKSTEADY、LOVERS ROCK等スウィートな選曲に定評があり、DJネームは彼が敬愛するSUGAR MINOTTからとったそう。


CHEONG DAHL

(Eastern Standard Sounds) www.easternstandardsounds.com/
韓国出身のレゲエ、ルーツスカ、ロックステディー、カリビアンミュージックのセレクター、CHEONG DAHL。CHEONG DAHLは、EASTERN STANDARD SOUNDSの創始者兼、韓国のスカバンドKINGSTONE RUDIESKAと、ルーツレゲエバンドNST & THE SOUL SAUCEのトランペティストとしても有名で、韓国のスカ・レゲエシーンの最重要人物である。過去にはLee Perry、Dr. Ring Ding、DJ Scratchy、Cumbia Kid、Txako等と共演。Hong Kong International Reggae-Ska Festiva、Sierra Nevada World Music Festival、Fuji Rock Festivalに出演した経験を持つ。

SKA CHAMPION

(Kingston Rudieska) www.kingstonrudieska.com/
DJ SKA CHAMPIONは韓国のスカバンド、KINGSTON RUDIESKAのトロンボーンプレイヤー。SKA、REGGAE、ROCKSTEADY、SOCA、DANCEHALL等のジャマイカンミュージックのDJとしても知られている。KINGSTON RUDIESKAで来日した経験を持つが、DJとしての来日は今回が初。持ち前の明るいキャラクターと抜群の選曲で、日本ダンスフロアを盛り上げてくれること請け合いだ。過去にはSTEPPING STONE FESTIVAL、PENTAPORT FESTIVAL、CLUB ELEVATOR(中)、CHANNEL 1969等に出演。Dr.Ring Dingと共演した“DISCOVERY OF LIFE”や、韓国で大ヒットを飛ばした“MY COTTON CANDY”のMVでSKA CHAMPIONの勇姿を観る事が出来る。



TXAKO (Caribbean Dandy / Japonicus)


세계 수십 개국의 해외 아티스트를 일본에 초빙하는 음악 단체 "JAPONICUS '의 전속 DJ로 데뷔한 DJ TXAKO (차코). CARIBBEAN DANDY의 후지 사토루 씨에게 사사. 일본에서는 대부분 알려져 있지 않았다 PATCHANKA · MESTIZO · CUMBIA · ROCK LATINO · BALKAN · LATIN SKA · REBEL MUSIC 같은 음악을 CARIBBEAN DANDY 함께 일본에 전파 주인공이며, 특히 PATCHANKA 관해서는 "빠챤카의 여왕"의 애칭에서 세계 최고의 DJ로 널리 알려져있다. 일본에서는 2008 년부터 2017 년까지 10 년 연속 후지 록 페스티벌에 출연. 2014 년에는 후지 락에서 가장 RUDIE 무대인 크리스탈 팰리스의 헤드 라이너를 화려하게 장식했다. 해외에서는 ARIANO FOLK FESTIVAL (이탈리아) · ACTUAL FESTIVAL (스페인) · CLOWNIA FESTIVAL (카탈루냐) GAZTE EGUNA (바스크) KEEPERS OF TIME (미국) URBAN NOMAD MUSIC FESTIVAL (대만) · VIVE LATINO (멕시코) · RAMDON MUSIC FESTIVAL (스페인) · STEPPING STONE FESTIVAL (한국)외 다수. 집객수 30 만명을 넘는 세계 최대의 레게 축제 ROTOTOM SUNSPLASH (스페인)에 2 년 연속 출연. 2015 년과 2016 년에는 라틴 음악의 본고장 푸에르 토리코 원정을 가서 다른 바르셀로나의 명소 SALA APOLO (아폴로 극장)에서 CHICO TRUJILLO와 공연. 또한 MANU CHAO 주최 ESPERANZAH! WORLD MUSIC FESTIVAL 2015에서 폐막 행사를 맡는 일본인 DJ 최초의 쾌거를 이루고있다. 지금까지 MANU CHAO과 FERMIN MUGURUZA, RICO RODRIGUEZ, ROY ELLIS, NATHEN MAXWELL (Flogging Molly), DJ SCRATCHY (The Clash) MIMI MAURA, ESNE BELTZA, VERY BE CAREFUL 등 해외 뮤지션의 서포트 DJ도 정기적으로 실시 있는 DJ TXAKO. 2014 년 6 월에 발표 한 자신의 첫 MIX CD 「Cafe Bohemia ~Drip on all gypsies~ "는 DJ TXAKO과 친분이 깊은 아티스트의 악곡이 드라마틱하게 소개되어 있다. 레귤러 이벤트는 RADICAL MUSIC NETWORK, FIGHT FOR RIGHTS, CLANDESTINO, REBEL FIESTA PARTY, PACHAMAMA 등. 2015 년에 유럽에서 메이저 데뷔가 결정되며, 현재 "PRODUCCIONS SUBMARINES"소속.


TXAKO (Caribbean Dandy/Japonicus)
世界数十カ国の海外アーティストを日本に招聘している音楽団体「JAPONICUS」の専属DJとしてデビューし たDJ TXAKO (チャコ)。CARIBBEAN DANDYの藤井悟氏に師事。日本では殆ど知られていなかったPATCHANKA・MESTIZO・CUMBIA・ROCK LATINO・BALKAN・LATIN SKA・REBEL MUSICといった音楽を、CARIBBEAN DANDYと共に日本に広めた立役者であり、特にPATCHANKAに関しては“パチャンカの女王”の愛称で世界トップクラスのDJとして広く知られている。 国内では2008年から2017年まで10年連続でフジロックフェスティバルに出演。2014年にはフジロック内で最もRUDIEなステージであるクリ スタルパレスのヘッドライナーを華々しく飾った。海外でARIANO FOLK FESTIVAL (イタリア)・ACTUAL FESTIVAL (スペイン)・CLOWNIA FESTIVAL (カタルーニャ)・GAZTE EGUNA (バスク)・KEEPERS OF TIME (米)・URBAN NOMAD MUSIC FESTIVAL (台湾)・VIVE LATINO (メキシコ)・RAMDON MUSIC FESTIVAL (スペイン)・STEPPING STONE FESTIVAL(韓国)の他、集客数30万人を超える世界最大のレゲエフェスティバルROTOTOM SUNSPLASH(スペイン)に2年連続出演。2015年と2016年にはラテン音楽の本場プエルトリコ遠征を行った他、バルセロナの名所SALA APOLO(アポロシアター)でCHICO TRUJILLOと共演。更にMANU CHAO主催のESPERANZAH! WORLD MUSIC FESTIVAL 2015でクロージングアクトを務めるという日本人DJ初の快挙を成し遂げている。これまでにMANU CHAOやFERMIN MUGURUZA、RICO RODRIGUEZ、ROY ELLIS、NATHEN MAXWELL (Flogging Molly)、DJ SCRATCHY (The Clash)、MIMI MAURA、ESNE BELTZA、VERY BE CAREFUL等、海外ミュージシャンのサポートDJも定期的に行っているDJ TXAKO。2014年6月にリリースした自身初のMIX CD「Cafe Bohemia 〜Drip on all gypsies〜」にはDJ TXAKOと親交が深いアーティストの楽曲がドラマチックに紹介されている。レギュラーイベントは、RADICAL MUSIC NETWORK、FIGHT FOR RIGHTS、CLANDESTINO、REBEL FIESTA PARTY、PACHAMAMA等。2015年にヨーロッパでメジャーデビューが決まり、現在「PRODUCCIONS SUBMARINES」所属。




•LUI BLUESFACE aka 杉村ルイ + 清水 一平 & 福井 宏樹

1980년대 후반부터 도쿄 MODS 씬의 대표 주자 밴드, THE HaiR의 보컬을 약관 10대에 맡아 그 소울풀한 목소리와 카리스마있는 존재감을 가진 정통 R & B 밴드로서의 The HaiR 의 한 시절를하다. 그 후, 그 유명한 도쿄 스카 파라다이스 오케스트라의 보컬리스트로서 존재를 확고히 했다.
 현재 자신의 밴드 THE TOKYO LOCALS을 결성 압도적 인 카리스마 존재감을 가진 가창력으로 도쿄의 거리에 의리 ,멋과 자유 BLUES를 추구 유일한 사회 개혁 게릴라 활동을 하고 있다.

• ヤスコ & フラワー (from the 9MILES) + イッペイ& SHUN


企画・制作・招聘:Japonicus
協力: Eastern Standard Sounds/Caribbean Dandy/Radical Music Network/Fight For Rights/Asian Unite/Mondo Bongo/Cafe Lavanderia/Basement Bar/Three/Block/Clandestino/Pachamama/Rebel Fiesta Party/Afro Boogaloo Ska Academy/discos Papkin/











댓글
댓글쓰기 폼